銀河系の内容やバルジなどについて勉強した

銀河などについて実践しました。銀河系コアのふくらみの部分は半径10000光年程度の球状で、バルジとよばれている。バルジおよびそれに貫く円盤部(ディスク)は半径約5万光年で、私たちの日光は円盤部にあります。赤外線は可視光線より波長が長く、星際物体によって吸収されづらい結果、遠くまで見透かすことができます。銀河系の断面イラストレーションを見ると、大部分の恒星や星際物体は、バルジとない円盤部に分布しています。可視光線は星際物体による吸収を浴びる結果、銀河面に沿った恒星は日光にごく間近い範囲内でしか測量されません。銀河系における恒星の分布をくわしく調べてみると、恒星のスペクトル品種によって分布に相違があります。層の古くさいものが多いK品種やM品種の恒星は、バルジ・円盤部・ウェルカムの銀河系全域に分布しています。一方、層の初々しいO品種やB品種の恒星、および星際物体は銀河面に集中し、ところどころで星の群落(アソシエーション)や散開星団をつくっている。勉強になりました。一番人気酵素