なごむ着メロ、凍り付く着メロ。選曲はむつかしいですね。

ご近所の人たちが集まるカフェ。朝飯を食べていたら、誰かの携帯に着信があったみたいで、聞き覚えの居残るメロディが大容量で鳴り響きました。「ある日、森の中頃、熊君に出会った・・」皆さん、抱腹絶倒。こののは、いいですね。ステージが和みます。着信のメロディで思い起こしたのですが、昔、民家にあったコールの着信呂律はバッハの「トッカータとフーガ」でした。そう、「チャララー」というサスペンスムービーのBGMにピッタリのあの曲だ。いつもそれが鳴り渡るのではなく、知らせのコールがかかったときは「羽生の宿」、非知らせのコールのときは「トッカータとフーガ」というふうに、着信のメロディが「知らせ」と「非知らせ」で切り替わるというコールだったのです。必ずや便利ではあるのですが、選曲が抑揚ききすぎですよね。まず、真夜中に急きょ「チャララー」と鳴ったことがあって、そのときは実際心臓が立ち寄りみたいになりました。効能強すぎますよね、あのメロディ。バレずにお金借りる