それぞれの過程の持ち合わせる基盤と、異端児を排除しようとやる売れ筋

「A・I様はどうして思います?K・Yのコト」
「いいんじゃない?ああいう奴の独りや2ヤツぐらい、居ても」
 わたくしは背中越しにS・Kに応えした。
「お前は昔から内的が広すぎるぞ、A・I。ああいうヒューマンは絶対にゼミナールとかでもハブられるんだよ」
 N・Tの言うことにも一理あるが、K・Yの場合は所帯にも問題があるような気がした。両親に意見することも許されずにただ押し潰されて生きてきたに相違ない。わたくしはK・Yとのファーストコンタクトではどぎつい自身齟齬と不満に苛まれて掛かるような印象を受けた。それも、飽くまで第一空気に過ぎなかったが。
「きっと、お前は精々K・Yと仲良くやってくれ。自分はあそこまで根暗な奴は無理だ」
「そんなふうにっスね。酷いヒューマンじゃないのは知るんスけど、自分もアイツは反感おっきいっす」
 中ごろ線の窓口へ通う伝達通路を歩いている途上、わたくしはいったん足を止めて着実に先を行くM・Tをよそに、N・TとS・Kの方に向き直った。
「何だよ。急に立ち寄りやがって」
 N・Tが身構えた。
「道場はゼミナールとは違うみたいだし、嫌いなら嫌い、不得意なら不得意でいいとは思うけど、村八分みたいなことだけはとどまるべきだとわたくしは想う」
 N・TとS・Kは両方顔を見合わせて私の吐露に唖然としていた。ヒゲ脱毛女性