あると有難い、還付金について思うことです

母が、脳梗塞になって10か月近くになります。この間、救急搬送された病院→回復期の病院→老健→今の特別養護老人ホームと入所しているところが替わっていきました。この間の、高額療養費の還付金については、先月ありましたが、その他の還付金についても今月ありました。これは、母が昨年入院した際に、限度額の認定証を医療機関に提出していなかったからでしたので、還付がなされたのですが、その他の還付金の申請についても行っていたので、そのことで市役所に質問の電話を掛けました。回答を頂いたのですが、真性は受理しているとのことで、還付金が何時頃入金されるかは判らないということでした。私が思うに、この還付金は救急搬送された病院のものだと思われるのですが、この還付金以外に老健や今の特養老人ホームの還付金があれば良いと考えています。老健でも、医師の方はおられましたし、投薬もされています。そういったことだけでなく、老健の入所があったことから、昨年の12月分で良いので還付金があれば有難いと考えています。私としては、こういった還付金があるのと無いのとでは大きく状況が変わってくるので、還付金の支払いあり、であれば嬉しいです。今日も私は、特養老人ホームに行って来ましたが、先日郵送された書類に不備があったことから、母の担当の看護師さんとその件で話をしたり、説明を受けました。母の様子は、日によって状況が変わる時があるということでしたが、言語の件については、維持できるようになるべく行うということでした。詳しくは、再来月の担当者会議で話し合われると思うのですが、母がなるべく今の状態を維持できる様に願っています。脱毛ラボ 箇所